“美味しいインディカ米!!タイカレーや炒飯、エスニック料理にピッタリ!!タイ香り米 450g (約3合)【0908お得10】 人気ランキング :
定価 : オープン価格
販売元 : ミヨシライス
発売日 :
発送可能時期 :
価格 : 398円

▼香り米の美味しい炊き方(炊飯器)▼1.サッと水ですすぎます。(研がなくても大丈夫です)2.お米と同量の水(米3合ならお水も3合)を入れて炊きます。(お米を水に浸さなくても大丈夫です)※水加減はお好みで調整してください。“タイ香り米”はタイのバンコクに近い中央平原、チャオプラヤ川の支流に育まれた北部そして広大な平野の続く東北の3地域で栽培されています。中でも東北地域のコラート高原で収穫される“香り米”は、他の産地と比較してその品質の良さと芳香の高さから優良産地米として評価されています。 タイ香り米の栄養成分は、日本の良質米とされている新潟コシヒカリと大きな違いは無く、私たちのエネルギー源として、日々の生活を支えてくれます。またアミロースを多く含んでいるのでご飯粒がべたつかずパラリと炊き上がるため、食欲の無い時でもスルスルとのどを通り美味しくいただけます。《ひと言タイ語トラベル会話 料理編♪》カオ・パッ(ト)・クン『海老チャーハン』カオ・パッ(ト)・ガイ『鶏肉チャーハン』カオ・パッ(ト)・ムー『豚肉チャーハン』のように、料理のオーダーはすごく簡単♪ カオ(ご飯)、パット(炒める)、最後に具材名。基本的には何を、どう調理して、何を入れる(混ぜる)のかで大抵通じます。たとえば『アオ《欲しい》、、、パッ(ト)《炒める》・ガパオ《バジル》・ガイ《鶏》・カイダーオ《目玉焼き》・ドゥーアイ ナ《いっしょにね》!!』といえば「鶏肉のバジル炒めちょうだい!、あっ目玉焼きもつけてね!」といった感じで屋台のおばさんとも簡単にコミュニケーションが取れますよ♪タイの高地の限られた水田で生産される高品質なインディカ米です。自然の甘く香ばしい香りが特徴で、タイ米の高級品として世界で珍重されています。

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。