パラシオス・レモンドラ・ベンディミア[2006] 人気ランキング :
定価 : オープン価格
販売元 : AUTHORITY style
発売日 :
発送可能時期 :
価格 : 2,190円

パラシオス・レモンド ラ・ベンディミア[2006] 産地 スペイン/リオハ州 タイプ 赤/ミディアムボディ 使用品種 テンプラニーリョ50%、ガルナッチャ50% 容量 750ml 「飲みやすいのにキャラがたつ」個性派! 爽やかでいて乳酸系のミルキーな味わい!? 10,000円以上の高級ワインも並ぶ試飲会で、とても洗練されていて飲みやすいのに、しっかりと個性を感じさせるキャラクターがひときわ際立ったワインです。2006年産は未評価(未試飲)ですが、2002年産がパーカーポイント87点を獲得して以来注目を集めています。 葡萄はリオハの伝統品種テンプラニーリョとガルナッチャを50%ずつ使用。ハーブを感じさせる清々しい香りがとても心地よくって、味わいもきれいで爽やか、その中に乳酸系のミルキーな味わいが感じられます。 有機栽培で育まれた力強さと エレガンスを兼ね備えた“新”リオハワイン! 1,000円台とのクオリティ差は歴然! パラシオス・レモンド 「飲みやすいのにキャラがたつ」個性派! 試飲会で見つけた、「飲みやすいのにキャラがたつ」スペインワインです。いきおい激安旨系に走りがちなスペインワインですが、やっぱり価格帯によるクオリティの差は歴然です。 パラシオス・レモンドはプリオラート「4人組」のひとり、アルバロ・パラシオスが手掛ける新プロジェクト。今回のワインとはちょっと話がそれますが、プリオラートは1980年代後半から高級ワイン産地として注目を集めているところです。1980年代後半に「4人組」をはじめ新しいワイン造りに情熱を傾ける人々が集まり、昔からある老齢のガルナチャ、カリニェナとともにカベルネソーヴィニヨン、メルロやシラーをブレンド、濃厚なのに洗練された新しいスタイルの高品質なワインが造られるようになり、世界を驚かせました。 アルバロの実家はリオハで約150年前からワイン造りを行っていて、パラシオス・レモンドは、アルバロの父ホセ・パラシオス・レモンド氏が1945年にエレンシア・レモンドとして創業したものです。2000年にホセ氏が亡くなったのをきっかけにアルバロが指揮を執るようになりました。 【栽培・醸造のポイント】 ・風通しが良く、夜の気温が低くなる北向きの斜面を重視   (イェルガ山の麓の、風通しが良い場所に畑を持つ。) ・酷暑に耐えるために樹を低く選定 ・有機栽培(基本ビオ・ロジック、一部ビオディナミ)を導入 ・ノンフィルターにより、うまみ成分をキープ 畑はリオハのバハ地区にあります。夏暑く、年間通じて雨が少ない土地で、全体が砂利に覆われた痩せた畑ですが、葡萄樹が根を深く張りミネラル分を吸収するのに最高の条件です。有機農法ビオロジック(一部ビオディナミ)を採用、伝統品種を中心に栽培しています。アルバロ氏の努力の下、この土地ならではの力強さとエレガンスを兼ね備えた“新”リオハワインを目指しています。

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。