◆ムートン・ロートシルトが誇る絶品辛口白ワインエール・ダルジャン[2004] 人気ランキング :
定価 : オープン価格
販売元 : シーザーワイン カンパニー
発売日 :
発送可能時期 :
価格 : 11,025円

フランス/ボルドー/白/辛口フランス語で「銀の翼」を意味するエール・ダルジャン。ラベルにもこの翼がアルファベットの「A」の両翼にあしらわれています。整備された4haの畑から、セミヨン48%、ソーヴィニヨン・ブラン38%、ミュスカデル14%で造られており、オークの新樽に由来する香りがほどよく高級感を表現しています。ボルドーを代表する辛口白ワインです。シャトー・ムートン・ロートシルト (CH MOUTON ROTHSCHILD)  格付け 一級(1973年)  生産者/ワイナリー バロネス・フィリピーヌ・ド・ロートシルト  ぶどう品種 カベルネ・ソービニョン(77%)、メルロ(12%)、カベルネ・フラン(9%)、プティ、ヴェルド(2%)(平均樹齢:46年)  ワイン生産地区 フランス、ボルドー  ワイン シャトー・ムートン・ロートシルト、ル・プティ・ムートン・ド・ムートン・ロートシルト、エール・ダルジャン(ボルドーの白)  偉大なヴィンテージ 2003年、2002年、2000年、1998年、1996年、1995年、1989年、1986年、1982年 【醸造及び育成】 収穫は、手摘みで行い、小さなバスケットに入れます。醸造室に届くと、収穫したブドウはすべて選別台上に載せられて、除梗の前ツルや葉などを取り除いて、完全な実だけが選ばれます。その後、ブドウの実は重力を利用して発酵槽に移されます。発酵槽はすべて木製で、このシャトーのそれぞれの区画のブドウが、政党なワイン醸造の技術に基づいて醸造されます。アルコール醸造は焼く一週間行ないます。 4?5週間の発酵・マセレーションの後で、ワインはオークの新樽に直接移されます。その後、ワインは樽で18?22カ月熟成します。ワインは4カ月毎に1回、定期的に伝統的な方法で澱引きを行ないます。このシャトーの目標は、熟成能力を持つ力強いワインをつくることです。 【歴史】 ◆英国人ナサニエル・ド・ロートシルト男爵英国のロスチャイルド家の一員であったナサニエル・ド・ロートシルト男爵は1853年にシャトー・ブラーヌ=ムートンを購入して、シャトーの名前をシャトー・ムートン・ロートシルトに変え、1922年にはフィリップ・ロートシルト男爵がこのシャトーを購入しました。 ◆フィリップ・ド・ロートシルト男爵 1924年にフィリップ・ド・ロートシルト男爵は、初めてシャトーでの瓶詰めを導入しました。1926年には名高いグラン・シェ(奥行き100mの熟成用セラー)を建設し、ムートンを訪れる人の主なアトラクションとなっています。 1933年に、隣接するシャトー・ムートン・ダルマイヤックを購入し、シャトー・ダルマイヤックと名前を変え、所有地を拡大しました。 ◆1855年の格付け変更 ムートン・ロートシルトの地位とワインは、故フィリップ・ド・ロートシルト男爵が独自につくりあげたもので、彼がムートンに対し並々ならぬ野心を抱いていたとはいえ、誰も想像ができなかったほどこのシャトーの評判を高めました。1973年にムートン・ロートシルトは公式に一級に格付けされました。その際、ラベルの言葉を「一級にはなれないが、二級の名には甘んじられぬ、余はムートンなり」から、「余は一級であり、かつては二級であった、ムートンは不変なり」と変えています。 ◆フィリピーヌ 男爵の没後、娘のフィリピーヌがエルヴェ・ベルローが率いるムートンの有能なチームから並々ならぬ協力を引き続きえています。 ◆ムートンの商業的成功 ムートンが商業的に成功した理由は、まずムートンのラベルがコレクターズ・アイテムであることです。1945年以来、毎年ひとりの画家に1枚の絵の作成を依頼し、それがラベルを飾りました。ヨーロッパからは、ミロ、ピカソ、シャガール、コクトー、アメリカ人では、ウォーホル、マザーウェル、1982年にはジョン・ヒューストンが起用されました。 次に偉大なヴィンテージにおけるムートンの豪華さ、三番目には申し分なく維持されたシャトー自体が、その卓越したワイン博物館とともに、メドックの最高の観光地であることです。 ロバート・パーカー「世界の極上ワイン」より

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。