[2005] カプレンガ / アンツィヴィーノ【赤・ミディアムボディ】 人気ランキング :
定価 : オープン価格
販売元 : ル ヴァン ヴィヴァン
発売日 :
発送可能時期 :
価格 : 2,133円

■ビ??????ックリしました。実店舗で大人気♪■バローロやバルバレスコと同じ!!■最高のコスパ!究極のデイリーワイン!!■ビ??????ックリしました。実店舗で大人気♪間違いなくこの赤ワインは、私どもLVVが試飲してきた何百本というイタリアワインの中で…価格的にも、味的にも、☆掘り出し中の掘り出し物!!こういう「誰も知らない」し、その「品質と価格」からすると信じられないほどのハイコストパフォーマンス!…というワインこそをLVVは求め続けているし、また、皆さんも手に入れて、人知れず自身のワインライフを豊かにしたり、はたまたワイン愛好家の性(さが)からワイン好きの友人に、「ねぇ、このワイン知らないでしょ?(私の勝ちね。)」と飲ませてあげて、ビックりさせ悦に浸る。(笑・嫌われない程度に、ね。まぁ「美味なワインの伝導師」ということで。)で、このワインこそがそのようなワインの典型です。このワインについては、実はメルマガでご紹介する以前から実店舗でも、ここ楽天店でも販売をしていました。そして実店舗ではもちろんのこと、楽天でもじわりじわりと売上本数が伸びた結果、今では何人もの「赤ワインはいつもコレを買う!」という方がいるほど!そんな皆さんが口を揃えて言うのは…「2,000円ちょっとなのにバローロやバルバレスコのような味わい。何度飲んでも飲み飽きない!」ということ。そうです、そうなんです!ひとことで言えばこのイタリアのピエモンテ州ガッティナーラ地区で造られる赤ワイン「カプレンガ」はそんなワイン。ほんっと我々もこのワインを初めて飲んだときは、☆ビ??????ックリしました。■バローロやバルバレスコと同じ!!この「カプレンガ」の素性は、【1】造り手は全く無名の「アンツィヴィーノ」。→とはいえ調べてるとイタリアワインの辛口評価誌『カンベロ・ロッソ』が好評価。『ワイナート』誌にも取り上げられてます。【2】それにガッティナーラというあまり“ぱっと”しない地区のヴィーノ・ダ・ターボラ(V.D.T.=テーブルワイン格付)→いや、言いすぎました(笑)。ガッティナーラってピエモンテのれっきとしたDOCだし、多くの優れたワイン沢山あります。(日本国内での知名度が低いというだけです。)というもの。これだけだと、これほどの高品質&低価格を実現している理由がわかり難いかもしれません。しかし!これを知れば納得されるでしょう!この「カプレンガ」は、なんとアノ、☆イタリアワインの最高級銘柄「バローロ」や「バルバレスコ」と同じブドウ「ネッビオーロ」種主体の贅沢な赤ワインなんです!!!しかし、ガッティナーラ地区のV.D.T.格付ということで価格は極めて安い!!これぞ究極の「掘り出し物」!!だって中身はバローロやバルバレスコと同じなんですからね。そしてもちろん、その高品質は、オーナーのアンツィヴィーノ夫婦の徹底したブドウのオーガニック栽培と、近代的な手法を取り入れつつも、スロヴェニア産の大樽でゆっくりと丁寧に時間をかけてそのワインを醸造するなどの伝統的な造りを融合させていることにあります。しかも醸造は、あのジュゼッペ・ザッティ!!■最高のコスパ!究極のデイリーワイン!!輸入元担当者によれば、この「カプレンガ」はイタリアン・レストランからの引き合いがとても多いのだということ。私はそれを聞いたとき、「当然だろう」と思いつつ、「このワインを置いているようなレストランは信頼できるな。」と思いました。レストランだとこのワインは3500円?5000円の間ほどでしょうか?(しかし… ネッビオーロがレストランで3500円で飲めるなんて信じられます?)たとえ無名なワインでもソムリエが厳選した結果、有名無名をとわず美味しくてコストパフォーマンスの高いワインだけをラインナップしている。そんなレストランだからこそ、このカプレンガを扱っているのです!そのアロマを嗅ぎ、口にひとくち含むだけであまりにもはっきりとわかるその味わいは、イタリアのピエモンテが世界に誇るネッビオーロ種から醸された赤ワインの味わい。しかも、上等なネッビオーロからなるワインの味わい、なのです。何と比較すればいいんでしょうねぇ、このワインを。どうしてもその対象はバルバレスコか、あるいは古典的な造りの新樽の風味の少ないバローロということになりますが…何しろどちらと比べても値段が安過ぎます。☆「バルバレスコ」や「バローロ」と比べたら少なくとも2倍。場合によっては3倍以上のコストパフォーマンス!しかも高級な「バルバレスコ」や「バローロ」は時に、凄すぎて10年くらいの熟成が必要だったり、飲めば飲んだで最高に美味しいものの、毎日飲むにはヘヴィー過ぎる…しかし!!この「カプレンガ」は飲み飽きするということが全くないのです!ポテンシャルも高いので一晩でボトル1本飲みきれなくとも、2日目3日目とそれぞれのポイントで違った美味しさを味わえる!!「究極のデイリーワイン」とはこの「カプレンガ」のようなワインのことを言うのです!大いにご期待ください!!ご自宅にいつでも常備されている「ハウスワイン」として数本まとめてどうぞ♪Text by 三積 龍

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。