ガイア バローロ グロミス 2003年イタリア ピエモンテ 人気ランキング :
定価 : オープン価格
販売元 : ワインセラー 脇田
発売日 :
発送可能時期 :
価格 : 7,854円

内容量750mlご注意開封後は要冷蔵の上お早めにお飲みください。保存方法要冷蔵 16℃以下製造元ガイア葡萄品種ネッビオーロ 100%アルコール度数14% 濃い色調、ベリーとフローラルの香り豊か。ワインが開いて来るに従い、甘草、ドライ・ハーブ、スパイスのアロマが広がる。充実したストラクチャーと豊かな柔らかさのある味わいで、フィニッシュの余韻は長い。長期熟成の可能性を持つワイン。ガイアのワインはクォリティの高さで国際的な知名度を獲得しています。 ガイアバローロ グロミス 2003年イタリア ピエモンテ 1859 年バルパレスコにガイア社を創立して以来、 4 代に渡りピエモンテのランゲ丘陵地帯でワインを造ってきたガイア家は、現オーナーのアンジェロ・ガイアが畑から醸造所まで近代化を進めました。バルパレスコで単一畑のワインを造り、フランスの伝統的品種シャルドネとカベルネ・ソーヴィニヨンを栽培するなど、その革新的なアイデアはイタリアワインのイメージを世界的に変えてしまったほどです。バルパレスコやバローロをはじめ、ガイアのワインはクォリティの高さで国際的な知名度を獲得しています。また、ガイアでは、すでに卓越したワイン産地として名声のあるトスカーナで国際葡萄品種を育成し、それをブレンドすることでガイアの個性をより引き出すワイン生産を計画しています。1994 年にはトスカーナのモンタルチーノのワイナリー、ピエーヴェ・サンタ・レステイトウータを、1996 年には同じくトスカーナのマレンマ北部にカ・マルカンダを獲得しました。トスカーナ・プロジェクトは、ガイアのワインにいっそう奥行きを与えることでしょう。 1995年、バローロの伝統的な畑チェレクイオの区画を含むラ・モッラを購入しました。このテロワールが古典的なバローロDOCGの持味を造ります。 Angelo Gaja(アンジェロ・ガイア) イタリアはピエモンテ州のバルバレスコでワイナリーを経営する醸造家、4代に渡って続くガイア家の現当主です。 バリックでの熟成、収穫量の調整や剪定、ステンレスタンクの導入など当時のイタリアワイン界において、フランスの高級ワインを意識した大胆不敵な新手法の導入は他のワイナリーからの評価に関しては賛否両論があるものの、イタリアワイン界に新たな展開をもたらしたのは紛れもない事実と言えると思います。 一方で、彼は有名なバローロのみならず、比較的知名度の低かったバルバレスコを世界の舞台に送り出すなどその功績は確かであるとも言えるでしょう。またピエモンテ以外でも「サッシカイア」で有名なボルゲリでもワイン造りを行っています。

このサイトは楽天やAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。